人気ブログランキング |

韓国生活 nyuju23.exblog.jp

韓国での生活、育児、仕事などの日常


by sarahnok23
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:韓国語 ( 3 ) タグの人気記事

家族の形いろいろ

娘が幼稚園に通い始めて2ヶ月が過ぎた。

すっかり慣れて毎日楽しく通っているだけで一安心。この時期は楽しいこと、自分の好きなことを一生懸命やることがとても大切だと考えていて、そのサポートをするのが親である私の役目で、自分も毎日自問自答、試行錯誤しながら娘と向き合っている。

幼稚園で娘が新しい友だちと出会い、世界がどんどん広がっていくと同時に、私も幼稚園の保護者たちと話す機会が増えていく。韓国語が流暢ではなく、5年過ぎたいまでも自信なんてなく、言葉を発するときはいつも一呼吸おいてしまうので、話題がすでに変わっていることもあるし、終始聞き役となって相槌を打つだけになってしまうことも日常茶飯事。 それでも、日本で日本語で保護者をやるように言葉がスムーズに出ない環境であっても、顔見知りの保護者や先生には必ず挨拶をすることだけは心がけている。挨拶をしても聞こえていないのか、よく知らない人から挨拶をされることに抵抗がある人もいるのか、スルーされることもあるけれど、毎日見かける幼稚園の保護者には会釈や挨拶はしないよりはしたほうが自分も気持ちが良いので、挨拶は幼少期の頃の両親の教えに賛成で忠実に守っている。


挨拶から発展して、今まで言葉を交わしたことがなかった保護者と話すきっかけとなることも多い。いつもは、すれ違う程度だったのが、たまたまその日は微妙に時間がずれて同じ時間に子どもを送り、同じ方向に帰るときに会話のきっかけとなりやすい。大体、子どものことや、私の発音で外国人とわかれば日本のことや韓国での子育て、娘の日本語のことが話題になったりもする。他の子達と環境が違う娘のことが話題に上がりやすいのだけれど、相手のことも知ることができるので、わずか数分の会話でも、繰り返していくといろんなことを知ることができる。

韓国も共働きの家庭が多い。
幼稚園であっても、日本で言うところの預かり保育も充実しており、ある程度の時間まで割りと簡単な審査で利用できる。しかしながら、フルタイムで働く家庭にとっては、送迎の時間を調整するのが非常に難しいとも感じる。 

先日、一人の保護者と少し話す機会があった。娘のクラスメイトのおばあちゃんだ。
韓国では、祖父母が送り迎えをする光景は珍しいことではなく、むしろ、幼稚園の送迎の半分近くはおじいちゃん、おばあちゃん。その背景には、やはり共働きの壁。

聞くところによると、その子は、母親の仕事の都合で平日は両親とはなれて、祖父母の家で暮らしているという。地理的には埼玉の祖父母の家から幼稚園に通い、親御さんは東京住まいの東京勤務と言った感覚かな。 
まだ、1、2歳の小さな頃は問題なかったように思えたけど、最近は頻繁にママに会いたい、寂しいなどと口にするようになったと言う。 お迎えの帰り道だったので、そのお友達と娘も一緒にいたのだけれど、その間も「明日はママに会えるよね?」とおばあちゃんに確認している姿を見て、切ない気持ちになった。

おばあちゃんからの愛情も感じられ、とても素直で可愛らしい子。娘とも気が合うようで、姿を見かけるとお互い大きな声で名前を呼び合ったり、駆け寄って子ども同士何か楽しそうに笑っていたりしているような仲。
きっと、週末しか会えなくてもその子のご両親はその時間を最大限その子と向き合っているんだろうなと感じた。 
でも、間違いなく、パパとママお毎日一緒にいたいはず。
共働き、そして、勤務地や勤務体系、さらには幼稚園事情など様々な要因がある中でのベストな選択をしていることと思うのでわ、このご家庭の環境にとやかく言う人がいたとしたならば、それは、余計なお世話というもの。

家族のあり方って、一つじゃない。 こうあるべきと保守的になりがちだけれど、心から信頼し合え、笑顔いっぱいの家庭ならどんな形でも良いんだと、おばあちゃんに連れられたその子を見て思った。

私は娘と毎日一緒にいる。
ケンカもするし、お互いイライラしてしまうこともある。 
それでも、たくさん笑える楽しい時間を一緒に過ごしてもいる。すごく幸せなことで、毎日が学びでもある。

そのことに、感謝しつつ、良き母娘関係を築いていきたいものです。


by sarahnok23 | 2019-05-22 13:02 | ★韓国で育児★ | Comments(0)

娘の幼稚園生活スタート

娘がこの3月から幼稚園に入園した。(韓国の年度は3月から始まる)

今までは、オリニチプといって直訳すると「子どもの家」という日本で言うところの、小さな認可保育園といったようなところに通っていたのだけれど、そこは、0歳から満3歳児までの施設であったため、同じく年少から通える保育園、または幼稚園を探す必要があった。

私自身、子どもの教育には関心はあるものの、自分の都合も優先的に考えるため、

*ある程度評判がよく、子どもたちが楽しく通えるところ
*徒歩で通えるところ
そこそこ、お勉強に力を入れているところ

この3つを条件にし、結局何を重視したかというと、一番近いところが後々らくだという点で近所の私立幼稚園に入ることに。

そんな理由で決めたものの、市内では人気の幼稚園。募集人数に対して応募数はもちろん上回り、抽選となった。
今通えているということは、もちろん、無事に当選して入園資格を得たのだけれど・・・。


日本の幼稚園については、私も良くわからないのだけれど、自分が子どものころとは比べ物にならないほど、教育やさまざまな体験学習が充実しており、まだ始まったばかりではあるものの、今のところ、ここにして良かったと思う。ご近所の顔見知りの子も(娘よりひとつ上)、引越しを考えていたけれど、幼稚園がとても気に入っているという理由で、今住んでいるところにとどまることにしたという。 兄弟で通わせている娘の友達のママも、非常に満足しているといっていた。

保護者からの評判もよく、実際に通っている娘もとても楽しんでいるので、とりあえず、幼稚園選びはうまくいったといえる。
ここに通い始めてから、たくさんの新しい歌を覚えては披露してくれる。
初めての英語の授業で習ったフレーズを一生懸命練習している。
先生の物まねをしながら教室での風景を再現してくれる。

これだけで、娘が楽しみながら色々なことを吸収しているのがわかる。

幼稚園入園までは、娘の日本語と韓国とは、どちらかといえば日本語のほうが流暢、かつ語彙も多い印象だった。
幼稚園に通い始めてからは、新しい歌や、教育的な部分の影響からなのか、たったの1ヶ月で語彙力や表現力がぐっと上がった印象だ。其のせいなのか、私と普段話す日本語の中に、韓国の単語が再び混ざり始めた。というのも、日本語で話しながら、説明したい、伝えたい単語が韓国でしかわからない場合は、そこにポツンと韓国語が入ってきていてのは、今までも何度もあったのだけれど(その逆然り)、最近は、韓国語の語彙がアップしたからか、日本語で知らない単語、または、日本語では表現できないような言い回しで伝えたいときは、日本語の文章の流れの中に韓国語が入る割合が増えてきている。 その場で、日本語での単語を教えてあげると、理解し覚えられる点も子どものスポンジのような吸収力あってこそ。 こうやって、混ざってしまう韓国語と日本語をうまく使い分けられるようになるには、親である私が、どちらの言葉もしっかり理解して、娘の言わんとしていることを察することが重要なのではないかと、最近、強く感じるようになってきた。

娘の言語も含めて、教育にはとても関心はあるけれど、回りに影響されすぎず、娘にとって最高の環境を提供するための親としてのサポートについて、もっと勉強していきたい。





by sarahnok23 | 2019-03-28 11:08 | ★幼稚園★ | Comments(0)

韓国語のレベル

韓国生活もこの春で丸5年となる。

夫との付き合いも10年。長いような短いような。

5年間で私の韓国語はどの程度か。
試験を受けたことがないので、具体的なレベルは分からないけれど、会話は日常生活を送るのには問題ない(発音や文法的なは間違いだらけだと思うけど、コミニュケーションは取れている感じ)。聞き取りは、話すことよりは出来ると思うけれど、話しての癖によってはほとんど聞き取れなかったり、かなり早口な方でも聞き取れたり。 ニュースは漢字語が多くなるので、日本人の私には若者の話し言葉より理解しやすいこともある。
問題は書きとり。

私の今の韓国語は最初の1年間で勉強したレベルを維持しているだけで、残りの4年間では大して伸びていない自覚している。 出産や育児で新しい実践的な単語や言い回しを覚えたとしても、同じくらい、いやそれ以上に学校で習って覚えたそれを忘れているから。

そして、残念なことに、韓国語をもっと勉強したい意欲が全く湧かなくなっているのも現実。

私が韓国で生活をしてきて、日本人だからと言って嫌な思いをしたことは記憶する限りない。日韓関係が最近よくないとはいっても、個人レベルまでは及ばない。ただ1人除いて。

義母は日本のことをもともと好いていないことは何となく感じていて、はっきり言われたことはないけれど、会話で時々、日本の何かを否定することがある。 波風立てたくないので、反応すらしないようにしているけれど、気分は良くないのが本心。

夫の次に一番身近な他人から唯一感じる日本否定。 今後どう付き合っていこうか本気で悩む。
だから、韓国語を学ぶ意欲が失せるのである。

とは言ってられないので、仕事のためにも今年は少し前向きに勉強しようと思う。

by sarahnok23 | 2019-01-31 09:48 | Comments(0)