人気ブログランキング |

韓国生活 nyuju23.exblog.jp

韓国での生活、育児、仕事などの日常


by sarahnok23
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2019年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

■6月初旬〜8月(妊娠2ヶ月〜4ヶ月初期)■
検査薬での判定は陽性で妊娠がわかり、まず最初に報告したのは、夫ではなくて娘。数ヶ月前までは自分より小さな子を敬遠していた時期なので、弟が妹が欲しいか何度聞いてもいらないと答えていたのに、この頃の娘は、そこまで強くではないものの、周りに兄弟のいるお友達を見ていたからか、自分にも兄弟が欲しいと聞けばそう答えるようになっていた。ひとりっ子という言葉が絵本か何かに出てきた時に、あなたのように兄弟がいない子をひとりっ子と言うのよと説明して号泣したこともあったので、きっと、少しずつ家族とか兄弟の意味を理解し始めていたのかもしれない。
妊娠発覚時、計算しても週数はまだ5週目に入ったばかり。前回の妊娠は陽性反応が出たその日のうちに病院へ行ったものの、エコーにちょっと黒丸が写るくらいの赤ちゃんの部屋が見えただけで、結局は2週間後にもう一度行くことになったので、今回は前回の教訓を生かし、7週くらいに行くことにした。しかし、行きたい日に予約が取れず、結局8週近くに初診、心音確認、妊娠確定となった。
初診の日に血液検査や子宮頸がん検査などを済ませ、平日の動けそうな日には保健所に妊娠奨励金の申請やその他支給される葉酸をもらいに行ったり、銀行に検診費用などの支払いに使うカードを作りにも行った。 娘の時と比べて、国や自治体からの支援金やサービスが格段に良くなっていてびっくりした。少子化問題は韓国も深刻で、子どもを生みやすい環境作りのために、どんどん変わっている。しかもすごいスピードで。

さて、妊娠初期といえばツワリ。
娘の時は妊娠初期から中期の終わりまで、地下鉄で1時間弱の語学堂に毎日通っていた。通学や授業中は気が紛れるのかあまり影響はなかったけれど、英語でmorning sicknesseというように、毎朝気持ち悪くて目が覚め、朝ごはんを食べたら直後に吐くのが毎朝恒例だったのに対し、今回は吐くことはほとんどなかったものの、一日中具合が悪くて仕事や家事が手につかなくなるような感じだった。時折ひどくなる頭痛は必ずと言っていいほど、雨の降る前日に襲ってきた。当たらない韓国の天気予報よりよっぽど正確で、雨予報ではなかったのに、私の頭痛が酷かった次の日は本当に毎回雨が降った。 
この怠さと頭痛、さらに激しい眠気は夏の間続いた。

妊娠の報告は、毎日のように顔を合わせて親しくしている幼稚園のママたちには早い段階でしておいた。そのお陰で、私の体調が優れなくて娘を公園に連れて行けない日は(特に頭痛がひどい時)夕方まで一緒に見てくれ体を休めることができたので、今でも本当に感謝している。そして、同じ地域の日本人のママたちには会う機会がなくいまだに報告できていないのだけど、一部個人的に親しくしている友人にだけ会ったときに直接報告した。もちろん、両家の両親には友人たちよりは先に伝えた。夫の両親は、私たちがもう二人目を考えていないと思っていたようで、妊娠報告をしたらかなり驚いており、同時にとても喜んでくれた。

*****
私は今年で40になった。その誕生日を迎えた数日後に発覚した2人目の妊娠。

実は、自分の中では、40歳までに授からなければ2人目はもうスパッと諦めてるつもりでいた。最近、身近な友人や知人にも41歳、42歳で授かり出産した人もいるので、心底望むなら授かれるまで頑張ってみることも出来るんだという希望も持てたけど、一人でも、二人でも、自分が親になれたことには変わりないので、リミットを決めてコウノトリを待つことにした結果、39歳の終わりに私のお腹にやってきて、40歳になった直後に発覚するという奇跡が起きたのだった。 もしも、もしもこのタイミングで妊娠していなかったら、本当に諦められていたかは今となっては分からないし、考える必要ももうないけれど、ひつと言えるのは、自分よりも身近な家族が心から喜んでくれた姿を見て、決心して挑戦してみてよかったということ。
特に、娘が喜びながら「ママありがとう」と言ってくれたことが今でも忘れられない。

育児は一言では表せないくらい簡単なことではなくて、むしろ大変だ。へたれな私はその身体的な大変さだけでなく、心のバランスも崩してしまい、娘は何にも変えられないほど愛おしくて大切な存在ではあったからこそ、肩の力かを抜くことができず、育児を楽しいと思えない時期が長く続いた。 これが2人目を前向きに考えることに時間がこんなにかかったの理由の一つでもある。

現在は妊娠7ヶ月。安定期も残り1ヶ月。出産までは約3ヶ月ちょっと。



by sarahnok23 | 2019-10-28 12:00 | ★妊婦生活 第二子★ | Comments(0)

マタニティヨガ

つい1、2週間前までは仰向けで寝られたのに、ここ数日、仰向けの体勢が段々と苦しくなってきているのを実感している。約5年弱振りの妊娠なので、もうすっかり忘れていたこの感覚。残りの3ヶ月でもっと重くなるのに、筋力、体力、ついていけるのかとても不安になる。

何かと検査の多い韓国での妊婦生活なのだけど、一通りの検査は終わり、安定期なのでたくさん歩いて、運動もしてくださいね、と医師の太鼓判が押されるほど経過は順調。妊娠中は血液量も非妊娠時の1.5倍にもなるというし、脂肪も付きやすいのもあり、気を抜くとどんどん体重が増えていく。私は本当にその通りに順調に肥えていて、このままでは臨月には大変なことになるということで、今月からマタニティヨガに通いはじめた。 産院で格安で受けられるヨガレッスンで、週二回、一回50分、月3万ウォン。なかなか本格的で、日常的に運動をしていたわけではない私は毎回付いていくのがやっと。しかも、韓国語の説明を聞きながら、先生やお隣の動作を見ながらなので、一人だけ違う動きをしていることもあったりで、レッスン中は体と頭も忙しいのだ。それでも、体を動かした後の爽快感や充足感を久々に味わったけれど、すごくいい! 時間を作ってレッスンに通う価値あり。

平日は基本的に娘を幼稚園に送ってからは、仕事をしながら洗濯機を回し、途中簡単な昼食を挟み、2時頃には業務を終わらせている。その後、お迎え時間の4時半まで約2時間半で残りの家事や夕飯の支度をしているので、ウォーキングに出かける時間がなかなか作れなかったせいで運動不足が気になっていた。だから、無理やりにでもヨガのレッスンを入れて、週二回でもしっかり体を動かす時間を作って正解だった。体重は減りはしないけど、急激な増加は抑えられているから。

そんな今日もヨガ。
帰ってきて、疲れたのでお迎え時間までの間、少し休むことにしよう。
穏やかな妊婦生活を遅れていることに感謝。



by sarahnok23 | 2019-10-22 15:05 | ★妊婦生活 第二子★ | Comments(2)

妊娠発覚まで

最近、ちょっとブログを更新するようになったのは、書きたいことが少し増えたこともあるのだけど、大きな理由は物理的にブログを以前よりも楽に書けるようになったから。

前回の日本帰国の際に、ずっと購入を迷っていたiPad (しかも猫に小判なpro!)を購入したから。しかも、純正のキーボードがほしくて購入時点で対応してるのはproだけだったので、iPad Pro+Smart Keyboard Folio + Apple Pencil の3点をまとめて購入。Proにするほど使いこなせるとは思えないし、Apple Pencilを使う用途も今のところ思いつかないけれど、後からの購入しようとするとためらってしまいそうなので、帰国時に免税で思い切った。

今のところ、iPadの用途は調べ物やNetflixで家事をしながらドラマを見たり、ごくたまに仕事の延長で使う程度。現時点では、iPad Proではなくて普通のiPadでも十分な用途なのだけど、私的には満足。 スマホの小さな画面で打つよりも、キーボードで書いた方が何倍も早く書ける点は特に気に入っている。 MacBookの購入も考えたけれど、持ち運びの手軽さや現場での用途を考えるとパソコンよりもタブレットの勝利。


さて、妊娠24週、7ヶ月目に突入。 お腹が急激に大きくなる時期ということで、気がつくと先月の日本帰国時に比べて随分と大きくなっている自分のお腹と、日に日に激しくなる胎動に驚いている。二人目の妊娠期間は一人目よりも早く過ぎ去っていくとは聞いていたけれど、本当にその通り。 ちょっと、今回の妊娠発覚からをその時の出来事と一緒に振り返ってみたい。

◾️5月下旬 〜6月初旬 妊娠発覚まで(妊娠4週頃)◾️
5月下旬が生理予定日。もともと、不順ではなく、今まで遅れたとしても最大2、3日程度だった。5月末が誕生日だったということもあり、夫がその週の週末に1泊2日で旅行を計画してくれていた。場所は江原道のとある観光地。海開きはもう少し先だったけれど、砂遊びが大好きな娘は大喜びで砂浜で夢中になっていた。そんな娘の横でゴロゴロしながらぼーっとしている時間はすごく癒しだった。娘と家族3人でこんな風に旅行をしたのは実は初めてで、とても充実した時間だった。
 海の幸が美味しい観光地。夫がランチ、夕食、翌日の食事まで全てお店を調べていてくれていた点も旅がスムーズに進んですごく良かった(さすが、食べること大好きな彼。でもこうやって調べてくれたのは今回が初めて)夕食はホテル近所の賑やかな通りに面した市場の中にある食堂で。メインは茹でたての紅ズワイ蟹を3杯、その他にも白身魚のお刺身に、ウニ、アサリ、ホヤ、タコなどが出てきた。 苦手なものもあったのだけど(ウニとほや)、お皿いっぱいの蟹に私は大満足。しかも、もう一杯はお店からサービスということで後から追加されて合計4杯。カニ味噌と一緒にご飯を混ぜた蟹味噌チャーハン(どちらかといえば韓国風蟹味噌のおじやといった感じ)が甲羅に盛られて出てきてさらに興奮。本当に本当に美味しくて美味しくて食べるのが止まらないほどだった。韓国に嫁いでからこんなに美味しいと連呼して食べたのはこの蟹味噌炒飯が初めてかも!?これで終わりと思いきや、締めにメウンタンという辛い鍋が出てきたものの、辛いものがそれほど得意ではに私にはからすぎてほとんど食べることができず、一人でお店を切り盛りしているであろうおばちゃんに申し訳なく思った。
e0401177_10230515.jpg

最高に美味しかった蟹味噌チャーハン。後からオプションで作ってもらうのだけど、これもお店のおばちゃんからのサービス。
e0401177_10230723.jpg

イカのスンデ(イカ飯に近かった)と蟹のチヂミ
e0401177_10253935.jpg

紅ズワイ蟹のカルグクス
e0401177_10230848.jpg

この日、心の中でもしかしたら妊娠しているかもしれないと思っていたのだけど、まだ生理が2、3日遅れている程度だったので、楽しみにしていた海の幸と一緒にお酒も楽しんだ。これがもしかしたら今年最後のお酒と生ものになるかもしれないからと自分に言い聞かせ、ゆっくり、じっくりと楽しみながら飲んだ。
夕食に大満足し、港沿いを散歩しながらホテルに戻る途中のコンビニで妊娠検査薬を買った。その日の夜は、テンションが終始高かった娘もホテルに到着するなり言葉通りバタンキューですぐに寝落ち、夫は名物の天ぷら通りでエビやいか、エゴマの葉の天ぷらセットを買ってここでもかというくらい食べていた。後から聞くと天ぷらはすごく美味しかったらしいのだけど、私はお腹がはち切れそうなほど食べてきたので食べられずに終わり、今になって後悔。

e0401177_10213378.jpg



 翌朝、夫と娘が寝ている間に妊娠検査薬を試すためにトイレへ。検査薬に蓋をして結果が見えないように裏にして待つこと数分。こっそり、ベッドに隠れて意を決して検査薬を見ると、妊娠しているとピンクの線が二本、妊娠していない場合は一本であるのにもかかわらず、妊娠検査薬は真っ白。つまり、失敗。そんなことってあるのかと拍子抜けし、この日は妊娠したかどうか不明のまま旅行を続行。

二日目の午前中は山道を登ったところにあるお寺と前日とは別の砂浜へ。同じく娘は砂遊びを堪能し、私もまたレジャーシートに横たわりまったりとした時間を過ごした。夫の中では、すべてを計画通りに進めるために、砂浜での時間を決めていたらしいのだけど、私と娘が楽しそうにしていたから、何も言わずにいたと言うことを後から知った。そんなところ、彼らしい。

ランチも美味しくて、最後は砂浜全体が見渡せるカフェで休憩するところで彼の立てたプランが全て終了した。 

旅行中、終始妊娠したかもしれないことが頭の中にあり、来年の今頃は家族がもう一人増えてるかもしれない、アクティブな旅行は難しくなるのかな、娘だけを見てあげられるのも今だけかもしれない、そんなことを考えていた。


ということで、旅行中に後悔なくお酒と生ものを含めて海の幸を堪能はしたものの、妊娠していたら夫に打ち明けようと思っていた密かな計画は失敗に終わった・・・。そして、家路についたのだった。


翌日、日曜だったので、近所でこっそり検査薬を買った(失敗した時のために2箱)
妊活2、3クール目だったのもあり、検査薬の結果が非妊娠だった時の軽いショックに少し慣れていたので、今回はあまり期待せずにと、検査薬を試して時間になった直後にトイレで一人で確認。

くっきりと二本線=陽性

そんな気がしていたけれど、実際にこの二本線を見て、やっぱりという気持ちと、嬉しい気持ち、それから、まだ発覚した直後にもかかわらず、出産予定日を計算して、産後の娘と二人目の育児の不安が襲ってきた。




長くなったので、続きはまた。

by sarahnok23 | 2019-10-21 10:30 | ★妊婦生活 第二子★ | Comments(0)

実りの秋

韓国にきたことがきっかけというよりも、自分が結婚をして家族ができて、そして子どもが生まれてから、少なからず、独身の頃よりも料理をするようになったし、腕もほんの少しだけ上がった。そもそも、料理に全く興味がなく、生きるために食べる程度にしか作ってこなかったので、料理とゆうより、単なる調理といった感じ。今でも、料理は得意でもなければ好きでもないけれど、娘はもちろん、もう若くはない自分と少し太り気味の夫の健康のために、食べ物には少し気を使うようになった。

私が、料理が嫌いではあるからこそ気をつけているのは、極力レトルト食品や化学調味料の入ったものを使わないようにしている点。忙しい時は日本のレトルト食品の種類とその味、手軽さは非常に有難く、便利なのも分かってはいるけれど、化学調味料の使用量が気になるので、日本帰国時もほとんど買ったことがない。その前に、韓国での薄味生活に慣れてしまったため、レトルト食品を始め、日本での食事が(特に外食)とてもしょっぱく感じるようになってしまった。特に、コンビのお弁当やファミリーレストラン系は帰国しても食べることがほとんどなくなった。あれほど好きだったびっくりドンキーや独身時代にお世話になっていたコンビニのお弁当の類も。

韓国に便利で美味しいレトルト食品などが結婚当初になかったのもあって、あるもので食べたいものを作るしかない状況だったのも良かったのかもしれない。

そんな、料理嫌いだけど、食材には気を使う矛盾のある私に、友人が収穫されたばかりのサツマイモをたくさん届けてくれた。すごく嬉しくてありがたい!聞くところにようると、友人のシオモニ(お姑さん)が趣味で畑をやっているらしく、季節ごとに異なった野菜を収穫してはたくさんくれるのだそう。趣味の域を超えているくらい様々な野菜を作っていて、私も時々その恩恵に預かり、今までお色々とお裾分けで頂いたことがある。 新鮮な野菜をお裾分けでいただくありがたみやその嬉しさが分かるようになったのも、家族ができたから。あと必要なのは、その食材を活かせる料理の腕。料理に楽しみを見出せない限り難しいので、シンプルに蒸して、煮て、揚げてといった調理法で食することになる予定。 スイートポテトとか、スイーツ系も作れたら素敵だけど、まずは、頂いた食材を無駄にしないようしっかりと消費することが目標。

秋の味覚、本当に有難い。




by sarahnok23 | 2019-10-18 19:06 | ★韓国生活★ | Comments(0)

本格的に秋

毎年のことだけど、この時期の韓国は突然季節が変わったかのように気温がガクッと下がることを何度か繰り返して冬になって行く。つい、2週間ほど前は夏日もあったほどなのに、最近は朝晩冷えこみ、日中も上着が必要なほどまで寒くなってきた。とはいえ、まだまだ秋を楽しめる過ごしやすい季節なので、冬になる前に色々と楽しみたいところ。

さて、この歳になると、あえてSNSなどで公表することも躊躇ってしまうので、直接会った人にしか伝えていないのだけど、2月に第二子出産予定です。もうすぐ妊娠7ヶ月に入るので、お腹ももちろんどこから見ても妊婦、体もそろそろ重くなり始めてきたという感じ。

第二子をどうするか、娘が生まれてからしばらくは考える余裕もなかったけれど、その後も、葛藤が続き、100%まっすぐな決意で妊活に挑んだといえば嘘になるほど、揺れに揺れた第二子。 それでも、妊娠期間を通して少しずつ母になるとは言ったもので、流石に、胎動も本格的に感じて、お腹も大きくなれば素直に喜ばしいことだと思えるのようにはなった。葛藤の理由はいくつもあり、それはまた別の機会に書こうと思うけど、今は新しく生まれてくる第二子を心から楽しみにしている。

現在、在宅で日本の会社の仕事をしているのだけど、この仕事も、若干の産休をいただき、産後に落ち着いたら改めて再開することになっている。外国人のわたしには、韓国での就職はいろいろな条件を考えても難しいのに、本当に有難い。産休まで出来る限り一生懸命業務に当たろうと思う。




by sarahnok23 | 2019-10-15 17:20 | ★妊婦生活 第二子★ | Comments(0)