人気ブログランキング |

韓国生活 nyuju23.exblog.jp

韓国での生活、育児、仕事などの日常


by sarahnok23
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:★映画・本など★( 1 )

先日観てきた映画『82年生まれ、キム・ジヨン』 
実は原作は読んでおらず、ネットでレビューを何件かサクッと読んだ程度だった。

主人公は82年生まれの韓国人女性。
結婚後、出産に伴い勤めていた会社を辞め、専業主婦。娘1人。時々、別人が憑依したかのような言動をすることに夫だけが気付づいていながら、妻には本当のことは言えずに、ただ、精神科の受診をそれとなく勧める。
ざっくり、これが出だし。

この映画、物語に大きな波があるわけでもなく、いち韓国人女性の日常を切り取ったような描写が多く、だから尚更、共感できる部分がいたるところに散りばめられている感じだった。この作品(小説、映画ともに)の社会的な影響などについて書かれている記事を多く目にするけれど、私はただただ純粋に、今の自分や身近な人たちのことと照らし合わせながら観ていた。

私は韓国に住んでいる外国人ではあるけれど、結婚した相手が韓国人で韓国に住んでいるからこそ共感できる部分もとても多かった。そんな共感できる映画のシーンと我が家をちょっと比較してみたいと思う。


名節(韓国の旧正月、旧盆)に夫の実家へ行って沢山の料理を準備するのは女性で、実際の儀式(茶礼 チャレ)は男性がする。女性はその様子をキッチンから見ている姿。

私の場合は、夫の祖父母が高齢ではありながら健在であり、義父が男兄弟が多く、祖父母から見た私たち孫世代ではなく、嫁の立場の女性たちが中心になって料理の準備などをしている。私たちや夫の従兄弟のお嫁さんはチャレなどの儀式が終わってから顔を出す程度。家族の事情はさまざまだけれど、うちの場合、祖父母以外は皆、色々な影響を受けキリスト教に改宗しており、そもそも、名節の茶礼という儀式自体、キリスト教としては行わないものなので、あくまでも、祖父母の意向を尊重して行なっている。この件で、本家の叔父と祖父母が揉めたことも昔にあったと夫から聞いたけれど、祖父母が元気なうちは希望通り茶礼を行うようになったという。 そういう訳なので、私たち孫の世代に手伝うことはなく、私の義母も孫である私の娘にこの儀式に参加させる意味がないとして、毎回、茶礼が終わってからに祖父母の家に来るように言われている。

映画に出てくる名節のシーンは、主人公家族とその夫の両親、嫁ぎ先での嫁仕事が終わって実家に顔を出しに来た妹一家のみ。実際は、夫側に男兄弟がいればその家族、義父に男兄弟がいればその家族など、映画に出てくる以上の人数が本家に集まることの方が多いだろう。食事の時間のたびに、女性たちは集まった人数分の食事を用意し、食器を洗い、来客があれば果物を剥いたりするのも大体は全て女性が行なう姿も韓国人ならほとんどの人が見たことがあるんじゃないかと思う。

しかしながら、最近は、義父母の世代にキリスト教、カトリック教も多いため、この名節の茶礼の儀式を行わない家庭も増えているし、自分たちの世代は大変だったからと簡単に済ませて嫁の負担を考慮してくれる家庭も多いと聞く。家庭によっても地域によっても違いがあり、この限りではないけれど、映画のこの名節のシーンは典型的な韓国の嫁仕事の縮小版といった感じに映った。


我が家の場合、映画に出てくるほどではないけれど、義実家に行くとなんとなく、直接言われたことなんてないけれど、私がここで一番身分が低いと感じることがある。 それは、嫁という立場であること、私の場合は外国人であること、今でこそ仕事をしているものの無職だったころは主婦ということ、とにかく、言葉では説明できない自分の立場を義実家にいくと思い知らされ、劣等感を抱いていた。それでも、娘が生まれ、育児に慣れ、その後仕事にも恵まれ、今年は葛藤の末、2人目を授かり何に変えてでも守りたいと思える大切な存在が増えたことで、随分と私自身強くなったと思う。

なんだか、暗くなってしまったけど、この映画では主人公の夫の存在がすごく大きくて、いつも妻の味方でいてくれるので、登場するたびにそのシーンがもどかしくて、でも温かくてジーンとくる(しかも、俳優はコン・ユ!)

外見はコン•ユとは天と地の差ほどだし、不器用極まりないけれど、私の夫もどんなことがあっても、全力で私の味方でいてくれる。そのせいで、夫と義両親がケンカになってしまったこともあったほど(私の不在時)。義母にとっては、大切に育ててきた1人息子が、100%嫁の味方であることを知ってきっと面白くなかっただろうと思う。それでも、何度か衝突していく中で「ああ、この子(息子)はもう自分の守るべき家族を持ったんだな」と少しずつ受け入れてくれているようにも感じる。実際は感謝すべきこともたくさんあるし、心底憎いとかそんなんじゃないから、今よりももっと上手く付き合っていけるようにはなりたい。

主人公のジヨンはその後、義両親(特に義母)と上手く付き合っいるのだろうか。気になるところ。

シデク(義実家)のことについてばかり触れたけれど、実際はそこだけではなくて、社会的にみた女性や母親の立場についても描かれている。だからか、心が痛くなるシーンがいくつもあって私は終始涙腺崩壊状態だった。

いろんな見方があると思うけれど「82年生まれ、キム•ジヨン」見て損はないので機会があればぜひ。

原作も取り寄せて早速読み始めたので、読み終わって何か感じることなどがあればまたここに記録したいと思う。

久々の映画。 産後はまたしばらく行けなくなると思うので、そういう意味でも見に行ってよかった〜。






by sarahnok23 | 2019-11-16 23:22 | ★映画・本など★ | Comments(2)