人気ブログランキング |

韓国生活 nyuju23.exblog.jp

韓国での生活、育児、仕事などの日常


by sarahnok23
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019年 10月 28日 ( 1 )

■6月初旬〜8月(妊娠2ヶ月〜4ヶ月初期)■
検査薬での判定は陽性で妊娠がわかり、まず最初に報告したのは、夫ではなくて娘。数ヶ月前までは自分より小さな子を敬遠していた時期なので、弟が妹が欲しいか何度聞いてもいらないと答えていたのに、この頃の娘は、そこまで強くではないものの、周りに兄弟のいるお友達を見ていたからか、自分にも兄弟が欲しいと聞けばそう答えるようになっていた。ひとりっ子という言葉が絵本か何かに出てきた時に、あなたのように兄弟がいない子をひとりっ子と言うのよと説明して号泣したこともあったので、きっと、少しずつ家族とか兄弟の意味を理解し始めていたのかもしれない。
妊娠発覚時、計算しても週数はまだ5週目に入ったばかり。前回の妊娠は陽性反応が出たその日のうちに病院へ行ったものの、エコーにちょっと黒丸が写るくらいの赤ちゃんの部屋が見えただけで、結局は2週間後にもう一度行くことになったので、今回は前回の教訓を生かし、7週くらいに行くことにした。しかし、行きたい日に予約が取れず、結局8週近くに初診、心音確認、妊娠確定となった。
初診の日に血液検査や子宮頸がん検査などを済ませ、平日の動けそうな日には保健所に妊娠奨励金の申請やその他支給される葉酸をもらいに行ったり、銀行に検診費用などの支払いに使うカードを作りにも行った。 娘の時と比べて、国や自治体からの支援金やサービスが格段に良くなっていてびっくりした。少子化問題は韓国も深刻で、子どもを生みやすい環境作りのために、どんどん変わっている。しかもすごいスピードで。

さて、妊娠初期といえばツワリ。
娘の時は妊娠初期から中期の終わりまで、地下鉄で1時間弱の語学堂に毎日通っていた。通学や授業中は気が紛れるのかあまり影響はなかったけれど、英語でmorning sicknesseというように、毎朝気持ち悪くて目が覚め、朝ごはんを食べたら直後に吐くのが毎朝恒例だったのに対し、今回は吐くことはほとんどなかったものの、一日中具合が悪くて仕事や家事が手につかなくなるような感じだった。時折ひどくなる頭痛は必ずと言っていいほど、雨の降る前日に襲ってきた。当たらない韓国の天気予報よりよっぽど正確で、雨予報ではなかったのに、私の頭痛が酷かった次の日は本当に毎回雨が降った。 
この怠さと頭痛、さらに激しい眠気は夏の間続いた。

妊娠の報告は、毎日のように顔を合わせて親しくしている幼稚園のママたちには早い段階でしておいた。そのお陰で、私の体調が優れなくて娘を公園に連れて行けない日は(特に頭痛がひどい時)夕方まで一緒に見てくれ体を休めることができたので、今でも本当に感謝している。そして、同じ地域の日本人のママたちには会う機会がなくいまだに報告できていないのだけど、一部個人的に親しくしている友人にだけ会ったときに直接報告した。もちろん、両家の両親には友人たちよりは先に伝えた。夫の両親は、私たちがもう二人目を考えていないと思っていたようで、妊娠報告をしたらかなり驚いており、同時にとても喜んでくれた。

*****
私は今年で40になった。その誕生日を迎えた数日後に発覚した2人目の妊娠。

実は、自分の中では、40歳までに授からなければ2人目はもうスパッと諦めてるつもりでいた。最近、身近な友人や知人にも41歳、42歳で授かり出産した人もいるので、心底望むなら授かれるまで頑張ってみることも出来るんだという希望も持てたけど、一人でも、二人でも、自分が親になれたことには変わりないので、リミットを決めてコウノトリを待つことにした結果、39歳の終わりに私のお腹にやってきて、40歳になった直後に発覚するという奇跡が起きたのだった。 もしも、もしもこのタイミングで妊娠していなかったら、本当に諦められていたかは今となっては分からないし、考える必要ももうないけれど、ひつと言えるのは、自分よりも身近な家族が心から喜んでくれた姿を見て、決心して挑戦してみてよかったということ。
特に、娘が喜びながら「ママありがとう」と言ってくれたことが今でも忘れられない。

育児は一言では表せないくらい簡単なことではなくて、むしろ大変だ。へたれな私はその身体的な大変さだけでなく、心のバランスも崩してしまい、娘は何にも変えられないほど愛おしくて大切な存在ではあったからこそ、肩の力かを抜くことができず、育児を楽しいと思えない時期が長く続いた。 これが2人目を前向きに考えることに時間がこんなにかかったの理由の一つでもある。

現在は妊娠7ヶ月。安定期も残り1ヶ月。出産までは約3ヶ月ちょっと。



by sarahnok23 | 2019-10-28 12:00 | ★妊婦生活 第二子★ | Comments(0)