人気ブログランキング |

韓国生活 nyuju23.exblog.jp

韓国での生活、育児、仕事などの日常


by sarahnok23
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

妊娠発覚まで

最近、ちょっとブログを更新するようになったのは、書きたいことが少し増えたこともあるのだけど、大きな理由は物理的にブログを以前よりも楽に書けるようになったから。

前回の日本帰国の際に、ずっと購入を迷っていたiPad (しかも猫に小判なpro!)を購入したから。しかも、純正のキーボードがほしくて購入時点で対応してるのはproだけだったので、iPad Pro+Smart Keyboard Folio + Apple Pencil の3点をまとめて購入。Proにするほど使いこなせるとは思えないし、Apple Pencilを使う用途も今のところ思いつかないけれど、後からの購入しようとするとためらってしまいそうなので、帰国時に免税で思い切った。

今のところ、iPadの用途は調べ物やNetflixで家事をしながらドラマを見たり、ごくたまに仕事の延長で使う程度。現時点では、iPad Proではなくて普通のiPadでも十分な用途なのだけど、私的には満足。 スマホの小さな画面で打つよりも、キーボードで書いた方が何倍も早く書ける点は特に気に入っている。 MacBookの購入も考えたけれど、持ち運びの手軽さや現場での用途を考えるとパソコンよりもタブレットの勝利。


さて、妊娠24週、7ヶ月目に突入。 お腹が急激に大きくなる時期ということで、気がつくと先月の日本帰国時に比べて随分と大きくなっている自分のお腹と、日に日に激しくなる胎動に驚いている。二人目の妊娠期間は一人目よりも早く過ぎ去っていくとは聞いていたけれど、本当にその通り。 ちょっと、今回の妊娠発覚からをその時の出来事と一緒に振り返ってみたい。

◾️5月下旬 〜6月初旬 妊娠発覚まで(妊娠4週頃)◾️
5月下旬が生理予定日。もともと、不順ではなく、今まで遅れたとしても最大2、3日程度だった。5月末が誕生日だったということもあり、夫がその週の週末に1泊2日で旅行を計画してくれていた。場所は江原道のとある観光地。海開きはもう少し先だったけれど、砂遊びが大好きな娘は大喜びで砂浜で夢中になっていた。そんな娘の横でゴロゴロしながらぼーっとしている時間はすごく癒しだった。娘と家族3人でこんな風に旅行をしたのは実は初めてで、とても充実した時間だった。
 海の幸が美味しい観光地。夫がランチ、夕食、翌日の食事まで全てお店を調べていてくれていた点も旅がスムーズに進んですごく良かった(さすが、食べること大好きな彼。でもこうやって調べてくれたのは今回が初めて)夕食はホテル近所の賑やかな通りに面した市場の中にある食堂で。メインは茹でたての紅ズワイ蟹を3杯、その他にも白身魚のお刺身に、ウニ、アサリ、ホヤ、タコなどが出てきた。 苦手なものもあったのだけど(ウニとほや)、お皿いっぱいの蟹に私は大満足。しかも、もう一杯はお店からサービスということで後から追加されて合計4杯。カニ味噌と一緒にご飯を混ぜた蟹味噌チャーハン(どちらかといえば韓国風蟹味噌のおじやといった感じ)が甲羅に盛られて出てきてさらに興奮。本当に本当に美味しくて美味しくて食べるのが止まらないほどだった。韓国に嫁いでからこんなに美味しいと連呼して食べたのはこの蟹味噌炒飯が初めてかも!?これで終わりと思いきや、締めにメウンタンという辛い鍋が出てきたものの、辛いものがそれほど得意ではに私にはからすぎてほとんど食べることができず、一人でお店を切り盛りしているであろうおばちゃんに申し訳なく思った。
e0401177_10230515.jpg

最高に美味しかった蟹味噌チャーハン。後からオプションで作ってもらうのだけど、これもお店のおばちゃんからのサービス。
e0401177_10230723.jpg

イカのスンデ(イカ飯に近かった)と蟹のチヂミ
e0401177_10253935.jpg

紅ズワイ蟹のカルグクス
e0401177_10230848.jpg

この日、心の中でもしかしたら妊娠しているかもしれないと思っていたのだけど、まだ生理が2、3日遅れている程度だったので、楽しみにしていた海の幸と一緒にお酒も楽しんだ。これがもしかしたら今年最後のお酒と生ものになるかもしれないからと自分に言い聞かせ、ゆっくり、じっくりと楽しみながら飲んだ。
夕食に大満足し、港沿いを散歩しながらホテルに戻る途中のコンビニで妊娠検査薬を買った。その日の夜は、テンションが終始高かった娘もホテルに到着するなり言葉通りバタンキューですぐに寝落ち、夫は名物の天ぷら通りでエビやいか、エゴマの葉の天ぷらセットを買ってここでもかというくらい食べていた。後から聞くと天ぷらはすごく美味しかったらしいのだけど、私はお腹がはち切れそうなほど食べてきたので食べられずに終わり、今になって後悔。

e0401177_10213378.jpg



 翌朝、夫と娘が寝ている間に妊娠検査薬を試すためにトイレへ。検査薬に蓋をして結果が見えないように裏にして待つこと数分。こっそり、ベッドに隠れて意を決して検査薬を見ると、妊娠しているとピンクの線が二本、妊娠していない場合は一本であるのにもかかわらず、妊娠検査薬は真っ白。つまり、失敗。そんなことってあるのかと拍子抜けし、この日は妊娠したかどうか不明のまま旅行を続行。

二日目の午前中は山道を登ったところにあるお寺と前日とは別の砂浜へ。同じく娘は砂遊びを堪能し、私もまたレジャーシートに横たわりまったりとした時間を過ごした。夫の中では、すべてを計画通りに進めるために、砂浜での時間を決めていたらしいのだけど、私と娘が楽しそうにしていたから、何も言わずにいたと言うことを後から知った。そんなところ、彼らしい。

ランチも美味しくて、最後は砂浜全体が見渡せるカフェで休憩するところで彼の立てたプランが全て終了した。 

旅行中、終始妊娠したかもしれないことが頭の中にあり、来年の今頃は家族がもう一人増えてるかもしれない、アクティブな旅行は難しくなるのかな、娘だけを見てあげられるのも今だけかもしれない、そんなことを考えていた。


ということで、旅行中に後悔なくお酒と生ものを含めて海の幸を堪能はしたものの、妊娠していたら夫に打ち明けようと思っていた密かな計画は失敗に終わった・・・。そして、家路についたのだった。


翌日、日曜だったので、近所でこっそり検査薬を買った(失敗した時のために2箱)
妊活2、3クール目だったのもあり、検査薬の結果が非妊娠だった時の軽いショックに少し慣れていたので、今回はあまり期待せずにと、検査薬を試して時間になった直後にトイレで一人で確認。

くっきりと二本線=陽性

そんな気がしていたけれど、実際にこの二本線を見て、やっぱりという気持ちと、嬉しい気持ち、それから、まだ発覚した直後にもかかわらず、出産予定日を計算して、産後の娘と二人目の育児の不安が襲ってきた。




長くなったので、続きはまた。

by sarahnok23 | 2019-10-21 10:30 | ★妊婦生活 第二子★ | Comments(0)