人気ブログランキング |

韓国生活 nyuju23.exblog.jp

韓国での生活、育児、仕事などの日常


by sarahnok23
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こんまり方式を試してみた

近藤麻理恵さんの片付け術、アメリカでとても有名らしいことを何カ月か前に知った。
面白くて全シーズン一気見して大好きだったアメリカのドラマにも彼女のことがちょっとしたワンシーンにセリフで登場していたのが驚き。

Konmari ってそのまま動詞で使われるほどの浸透っぷり。I konmaried my pantry yesterday こんな風に使えるらしい。

こんまりさんのトキメキはspark joyと訳され、それはそれで、インパクトもあってなかなかステキな響き。 

まだ日本に住んでいた頃、電車の中吊り広告か何かで見て、その場でキンドル版を買って読んだことがあった。当時は、とにかく忙しくて、通勤途中の移動が情報をゆっくり得ることのできる唯一の時間だったので、気になるものはその場で手に入れることを好んでしていた。

さて、その当時読んだこんまり先生の片付け方式についての感想は、私向きではないなと。
トキメクかどうかで手元に残すかを決めるその方式がくすぐったくて、そして、いつもニコニコ、ポジティブの塊のように移るこんまり先生のオーラにちょっと引いてしまっていた。 

もう、今から10年くらい前のことだけれど、ある有名なマルチ商法にハマっている元同僚にそうとは知らずに連れていかれた、ボスねずみのお宅でその会社の製品を使って作った料理を振舞われたことがあった。 料理も美味しく、その道具(製品)もさぞかし質の良いものなんだろうけれど、元同僚が騙すかのようにここへ私を連れて来たことに腹が立っていたので、拒否感以外のなにも湧かず、でも、失礼のないよう、1回目のご招待は考えてみると濁してお暇した。

その時のボスねずみの異常なほどのポジティブさが、その当時、転職活動に行き詰まり、この先に不安しかなった私は引いてしまった。 もしかすると、そんな精神状態だとうまく取り込められてしまう人も多いのかもしれないけれど、私は真逆で、とにかく、目をギラギラさせて、発する言葉全てがポジティ過ぎて気持ち悪かった。

そのトラウマからか、こんまり先生の明るさ、ポジティブな言葉は、あの時のボスねずみを彷彿させたのかもしれない。 

人間、ちょっとくらい、影があったり、ブラックな感情があった方が、厚みがあって、親しみやすいと思うのは私だけだろうか。 もちろん、6:4くらい、いや、7:3くらいで、ポジティブな比率が多い方がいいとは思うけど、全力でポジティブだと、この人本当に人の悩みとか分かってるの?と疑いたくなる。

さておき、こんまり先生の第一印象はあまり良いものではなかったけれど、少し心の余裕ができた今は、こんまり方式で家の中をすっきりさせて見ようという気持ちになった。

そんなわけで、昨夜、思い立って私の服から実行。

韓国へ来て、娘が産まれてから、所有していた半分くらいの衣類を処分した。

それでも、増えて、行き場がなくなり、クローゼットもタンスも詰め込み過ぎて、表面の服しか着なくなっていた。

結局着ている服は、今、快適だと思うものを着まわしているだけ。 

リビングに一杯になった服を1つずつ吟味して分けていく。そこに、トキメキがあるから別として、私が勝手に基準を決めて選択

●サイズが合うかどうか
●傷んでいないか
●それを着て出かけられるか
●気分が上がるかどうか 

あれ?けっきょく、最後の項目がトキメキっていうことで、他はトキメキのための条件なのかも!?  こんまり先生に一本取られた感あり 笑

おかげで、長年、高価で気に入っていたから手放せなかったものも、今の自分にはしっくりこないから、以下の分類で処分することに。

●貰い手がなく、リサイクルでも引き取ってもらえなさそうなもの → マンションにあるリサイクル回収ボックスへ
●コート、ジャケットなど質の悪くないもの 
→ アルムタウンカゲ (韓国のリサイクルショップ。買取制度なし。引き取りは無償、年末調整の時にカウントされる)
●ユニクロ  店舗のリサイクルボックスへ

●サイズと好みが変わっただけで、大切だったもの
→ 私よりスリムで、身長はあまり変わらない妹に写真を送り選んでもらい、次の帰国時に持って行くことに。


そんな感じで、ゴミ箱行きは取り敢えずなく、エコに処分できた。


結果、私のワードローブはタンス三段分と、ハンガーラック1つ分くらいの量まで縮小された。最初から、分類対象にしていなかった、現役のコートやダウンは別として。



次は、娘の衣類。これが、なかなか大変になりそうな予感。

もうサイズアウトしているけれど、すごく可愛くて、もしかしたら2人目の時に、なんて思うものの、2人目の予定は今のところ未定で、仮にあったとしても女の子とは限らない。そんなこんなしていると、私の服よりはるかに多くなってしまった、ベビー服たち。 さて、どうしようかな。






Commented by BBpinevalley at 2019-02-28 08:13
こんにちは。
コンマリさん、物が余って山積みのアメリカ社会に目をつけたとは、お見事な決断です。
でも、あの社会で長く成功していくのは困難かと…
オスカーにも出てきてびっくり。
赤い絨毯の上を、ドレスを着て歩いてこられた姿はいかにも貧弱で(周りがグラマーすぎるからだけど)、お着物なんかの方が良かったのではないかと思ってしまいました。
お母様から譲り受けた着物、なんて言えば、彼女の趣旨にも合ってるし。
ポジティブすぎる態度や発言、確かにウソくさいですよね。
マルチ商法(ネズミ講)は米国発。
大統領からして詐欺師の国ですから。
Commented by sarahnok23 at 2019-03-02 18:52
こんにちは。メッセージありがとうございます。
こんまりさんの人気が世界中に、特にアメリカで受け入れられていることにびっくりしていました。 しかも、オスカーにまで登場していましたね。個人的にはあのドレスは露出度の高いドレスで登場する女性も多い中、とても素敵だなぁと思いましたが、着物もいいですね。

これから、どのようにあのメソッドや新しい取り組みなどが広がって、受け入れられていくのかとても気になります。
by sarahnok23 | 2019-02-24 01:26 | Comments(2)