人気ブログランキング | 話題のタグを見る

韓国生活 nyuju23.exblog.jp

韓国での生活、育児、仕事などの日常


by sarahnok23
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
なかなか一つの記事を書き始めても最後まで書いてアップするところまで辿り着かない。
お蔵入りした記事が今まで一体いくつある事か…



先週の金曜で、一応仕事も一区切り付き、少し余裕ができたかな?!と思ったものの、あれよあれよと大晦日になっていた。
特に、韓国にいるとクリスマスを境に年末モードに突入すると日本とは違い、日常が大晦日まで続くような感じなので、年末の雰囲気を今年も味わえないまま新年を迎えることになりそうだ。今年に限らず、これからもずっと年末年始は特別なことがない限り韓国で過ごすと思うので、もう日本の年越しは私にとっては過去の習慣で、これからは韓国での我が家流の年越しがメインになっていくだろう(実家は雪国なので帰国の際、飛行機の遅延、送り迎えしてもらう際の道路事情、車なしでの滞在が不便などと言った理由で年越しは帰国しない方が賢明)


そんな今年は、隣駅の活気ある市場に出掛け、大晦日と元旦に食べるものを買い込んだ。韓国の昔からある市場の雰囲気が楽しくて好きなので、年に数回こうやって家族で出掛けるのも定番となりつつある。主に、果物とジョン(チヂミ類)を買いつつ、それぞれ食べたいものがあれば買う流れで、大体いつも予定よりもかなりたくさん買ってしまう。でも市場って楽しい!

次女は自己主張も強ければ、人見知りも激しいので、市場での買い物の最後は、彼女が暴れ出して退散となった(いつものこと)。もうすぐ2歳の彼女は、魔の二歳児、イヤイヤ期真っ只中で市場で見かけたイチゴが食べたくて我慢できなくて、収集がつかなくなってしまって、仕方なくその場で一つ、2つ食べさせて気が済んだと思えば、日中でも氷点下5℃近かったので、市場の割と寒さと風が和らいでるとはいえ、手が冷た過ぎて怒り泣きする始末。私1人だったら対処できなかったと思うほど。最後は、近くのカフェで暖をとりつつ、軽く食べることに。ここでは、次女に子ども向けのキャラクターの焼印の入った蒸しパンを買ったのに、お姉ちゃんの食べてるマカロンが欲しいと聞かず、蒸しパンなんて子供騙しにもならなかった。結局、お姉ちゃんと同じマカロンを食べさせる羽目に。こんな感じに、下の子は食べさせたくなかったものの解禁が早くなるのだ。

市場でもカフェでも次女のおかげでカオスもいいところだったけど、なんだかんだと家に戻って思い出してみれば楽しい時間だったと思えるから不思議。

帰宅後は、慌てて今年最後の食事の準備。

チャプチェ
キムチのチヂミ
ドングランテン
お刺身3種(真鯛、ブリ、ヒラメ)
炊飯器ピラフ
トマトサラダ

ピラフとチャプチェのみ作って、あとは市場で買ったもの。統一感のないメニューだけど、家族が好きなものを集めた食卓となった。

あとは、遅くなったけど子供たちが寝たのでこれから紅白を見ながら年越し蕎麦を食べて新年を迎える予定。

今日のような過ごし方がこれから我が家の定番になるんだろうなと感じた2021年の大晦日。

それでは、皆様も良いお年をお迎えください。

我が家の定番になりそうな大晦日の一日。_e0401177_22502367.jpg


# by sarahnok23 | 2021-12-26 22:31 | ★韓国生活★ | Comments(0)

韓国での小学校入学準備

来年我が家の長女は小学校入学を控えている。
遂に、親子共々新世界に飛び込むことになる。
日本でも小一の壁という言葉があるように、韓国でも小学校入学は子どもだけではなく、保護者にとっても非常に重要な一年になるようだ。

韓国の育児休暇は産後だけではなく満7歳までの間に分けて使うことが可能らしく、産後は早々に復職して、小学校入学と同時に使う人が多い。就学前までは、祖父母が孫のお世話全般をしていた家庭でも、やはり小学生ともなると本格的に学習について考えていくことになるので、祖父母では限界があるのと、親が直接見て管理しフォローしていく方向に切り替えるようだ。

入学に向けての準備はすでに年長から始まっており、今年の4月からどんどんお友だちが学習系の習い事に通い始めているのを見聞きするようになった。特に、年長になったと同時に、幼稚園での授業もハングルの読み書きができることを前提として進められるようになっていることでわかる。長女に関しては私も悠長に構えていて、幼稚園である程度教えてくれるから大丈夫だろうと思っていた。幸い、昨年の自宅学習期間(コロナによる)に何か出来ることはないかと、タブレット系の通信教育を始めたことで、ハングルを覚えることができたのだけど、何もしていなかったらどうなっていたんだろう。

知り合いのママさんは、教育にかなり熱心で、毎日隙間なく子どもを習い事に通わせている。
幼稚園の下園時間より早くお迎えに行き、遠くの英語スクールにも通っているというから驚いた。私の感覚では、幼稚園での1日のスケジュールに沿って生活することも大事だとおもっていたので、幼稚園の授業の途中で早退するという発想すらなかった(幼稚園でも、英語や音楽の授業がある)。夜はハングルの家庭教師、夕方に算数、美術にテコンドー。韓国の子どもは幼稚園の頃から大忙しだ。


我が家は、娘が希望すればやらせてみるスタンスで、現在は美術のお稽古と家でのタブレット通信講座の二つのみ。私が出来ることは、娘に選択肢を与えて、やりたいと思える環境を作ってあげることだと思っている。意思に反してやったところで、楽しくもないし、身につかないことの方が多いから、出来るだけ尊重したいという信念はあるものの、周りがあまりにも「やらなければならない」という雰囲気になっており、私も影響されやすい性格なため、家庭教師はやっぱり必要なんだろうか?今の時期にやらせた方が吸収するのだろうか?と揺らぎそうになる。

自分の生活の全てを子どもたちの教育に注ぐことは私には到底できない。無理しても続けられないし、それがストレスになって子どもたちにあたってしまうことがあったとしたなら、それは本末転倒なので、私も子どもたちも無理なく出来ることを優先して行きたいところ。

それにしても、本当に韓国の教育熱というのはすごい。良くも悪くも、学ぶ環境は整っているから、それをうまく活用して、娘たちには出来るだけ伸び伸びと学習させたいものです。





# by sarahnok23 | 2021-10-07 13:04 | ★韓国の教育★ | Comments(0)

買って良かったもの2021

かなり久しぶりの更新なので、意気込んで書き過ぎるとまた途中でやめてお蔵入りする可能性大と言うことで、今日は軽めに。

最近買ってよかったもの

■プランナーノート(ダイソー)

買って良かったもの2021_e0401177_10090923.jpg


買って良かったもの2021_e0401177_11452887.jpg

韓国の文具コーナーで必ず見かけるこの手のノートや手帳。一日、1週間、1ヶ月単位で目標を設定してそのタスクを書き込むもの(だと思う)。特に、受験生なんかが本番に向けて自身の学習プランを書き込むのに使う用途が多いよう。試験日まであと何日といったカウントダウンをD-○○と書くことも。
私の場合は、韓国の方のSNSで妊娠出産情報を見ていたときに予定日まであと何日を「D-20」、産後の場合「D+20」といったように表すことを知った。なるほど。赤ちゃんと一緒に生後何日か分かるように万年カレンダーにもD DAYを表せる商品もあって、国が違えばママさんたちの間での流行も違うんだなと興味深かった。
こんな感じ(写真は次女)
買って良かったもの2021_e0401177_09561079.jpg


話は戻って、このノートは私の仕事のタスク管理に使っている。以前は、その日その日ホワイトボードに1日のやることを書き込んでいて、それはそれで効果もありスムーズに仕事や家事が進んでいたのだけど、ホワイトボードなので記録が残らないのが短所だった。特に消えたからと言って致命的なことでもないんだけど。

シンプルなので書き込みやすく重宝している。


■モバイルバッテリー(보조 배터리)

今更感もあるけど、これは買って良かった。
次女が汗かきなので、この夏にベビーカーやカーシートのクールシートを購入。その使用のために必要なのでやむを得なく購入したバッテリー。まず、クールシートはなんぞや?長女の時はこんな商品なかったと思うのだけど、ベビーカーに敷くシートで、足元の方にあるファンからシート全体に風が送られるもの。このシートのために買ったバッテリーだけど、実際は他でも色々使えるのでかなり重宝している。
iPhone、iPad、携帯用扇風機、最近の小型の電化製品はバッテリー内臓型が多いから、外出先で切れた時にも簡単に充電できるのがありがたい。
韓国語では直訳で補助バッテリーと言うらしい


■CNPのパック

すごく良い。おすすめ。
口コミやSNSに影響されやすい私。
これも、どなたかが使って良かったと言う投稿見て使ってみたら本当に良かった(その方はPRなどではなかったと思います)
オリーブヤングのセールで半額のW2,000
買って良かったもの2021_e0401177_15364136.jpg

■B型ベビーカー(휴대용 유모차 )
年の差のせいで数年使わなかったからか、私の管理の悪さか、長女の時に使っていたA型もB型も状態が悪く処分したので(どちらも劣化)、買い直すことに。
とはいえ、どうしても欲しかったベビーカーを新調できたので私は満足しているのだけど。
A型はバガブーというメーカーのビー5。憧れ過ぎて、2人目をまだ考えていなかった時から、もしも将来2人目があったとしたらベビーカーはバガブーと決めていたくらいなのだ、念願かなって。そして、これが本当に良くて最高の買い物をしたと自負している。
すごく満足していて今でもガンガン使っているのだけど、たまにエレベーターになかなか乗れない施設や地下鉄の駅なんかでは不便に遭遇することも。コロナででかける範囲も限られていたし、日本帰国予定がないから飛行機にベビーカーを積み込む予定もないので必要ないかなと思っていたけど、やはり歩き始めてからの外出は、ベビーカーに乗ったり降りたりを頻繁に繰り返すから、もう少し手軽なものが欲しくなり購入することに。車の中に入れておいてお出かけの時に使うのがメイン。
買って良かったもの2021_e0401177_15394647.jpg

イングリッシーナというメーカーのQuid2
セカンドベビーカーにしてはまあまあなお値段だったけど、我が家は少なくともあと2、3年は使うと見越して丈夫で軽くて持ち運びしやすいこちらを購入(と言いつつ、義母からのプレゼント。選んだのは私)バガブービーの走行性が最高過ぎたせいで、すごく良い!!と言うわけではないのだけど、折りたたんだときの小ささと持ち運び安さはさすが。早速重宝している。
軽すぎると荷物をかけたまま子供を下ろしたときに重さのバランスが崩れて倒れることがあるので、適度な重さ(5.9kg)のあるB型ベビーカーは安定性も確保できてよかった。ちなみに、長女の時は2.8kgと超軽量のアップリカのものを使っていて、それはそれでかなり重宝して次女出産前まで長女が乗っていたほど笑 

おそらく、韓国の方が日本よりもベビーカーを使う期間が長いような。日本だと電動自転車に切り替える方も多いのかな?!私の故郷は雪国なので冬は全くベビーカーを使えないため、需要はもっと下がるはず。小さい子も逞しく雪道を歩いている印象が強い。

■サーキュレーター

無印のDC扇風機というサーキュレーターも兼ねているものは韓国で40,000円近くするので、韓国メーカーのものを購入。
風が柔らかく、首が上下左右に動くので真夏の夜にかなり重宝した。風が直接当たらないよう、天井に向けて左右に振らせて使っていたのだけど、風も柔らかく、音も静かで本当に良かった。冬は洗濯物にも使えると思うと、これはお得で良い買い物をしたなと。

画像は韓国のサイトより
買って良かったもの2021_e0401177_10063277.jpg


我が家の買って良かったものをまとめてみました。






# by sarahnok23 | 2021-10-06 10:10 | ★韓国生活★ | Comments(0)

久々に余裕のある朝。

久々に余裕のある朝。

新年度が始まって、娘たちも新生活。
長女は年長さん、次女はオリニチプ(保育園)デビューということもあり、特に次女の慣らし保育期間中は毎日バタバタしていました。小さなオリニチプなので、新入生は娘1人だけだったからか、慣らし保育は先生方にも余裕があり,スムーズに予定よりも早く終了してホッとしたのも束の間、長女,次女、同時に体調不良。
長女は風邪、そして次女は腸炎で下痢。体調不良の原因が違うので、お腹が落ち着いたと思ったら、長女の風邪がうつってしまった次女は未だに鼻水ズルズル状態です。

それでも、快方に向かっていて、おそらく週末には元気になってるんじゃないかなといった感じです。

仕事の方は、コロナ渦で若干勝手が変わったり、システムが更新されていたりで慣れるのに数日かかって、子どもたちの体調不良も重なり、思うように進まずにイライラしたりもしたけど、無事に締めの提出をし、昨日は産後初の報酬が日本の口座に振り込まれているのを目にして、報われた気がしました。(お疲れ自分!)

そんな感じで新年度は何かとバタついていたけれど、気持ちも新たに「モーニングノート」というものを書き始めました。私が韓国に来てからずっとお邪魔している大好きなブログを書かれている方が実践しているという、朝起きて頭に浮かぶことをノートに書き出していくことを私もやってみようと新しいノートを買いました。ノートを買ってから少し経ってしまっていたけど、新年度が始め時だと思い、とりあえずノートを開いて何かを書き始めることからスタートしてみました。
書き始めると、大体は日記やつぶやきにになっていて、たまに、その日にやるべきことをリスト化してタスク管理に使ったり、買い物リストだったり、まあとにかく自由に書いています。好きにかけるノートが手元にあること自体、なんだか嬉しくて新鮮で、意外にも楽しく続けられています。

選んだノートは不思議の国のアリス。
久々に余裕のある朝。_e0401177_10333540.jpg

ディズニーの不思議の国のアリスを、その昔、小さな町の図書館でビデオを視聴したのがきっかけで、その後何度も何度もアリスを観たくて図書館に通いました。図書館のおばちゃん(知り合いのお母さん)には、たまには違うもの観たら?と言われるほどアリスの世界にどっぷりハマっていたのを思い出します。
その後、大人になってからDVDを購入して手元にも置いてあるくらい私に取っては思い入れのある大切な作品です。



仕事も昨日で一旦ひと段落したので、今日はオフにしました。
娘たちのいない間に,1人時間を久々に満喫しようと思います。

# by sarahnok23 | 2021-03-26 10:41 | ★つぶやき★ | Comments(0)

昨日のこと。

昨日のこと。

長女は週に2回、美術の習い事をしている。幼稚園に先生が迎えにきてくれるので、親が幼稚園から連れて行く必要がないありがたいこのシステムは韓国では一般的。幼稚園から徒歩2、3分の距離なので、終わる時間に合わせて迎えに行き、一緒に通っているお友達とそのまま公園で遊ぶのが習慣になっている。

近所にはたくさん小さな公園があるが、この公園には、同じ幼稚園の同い年の子がよく集まり、遊んでいるうちに、幼稚園が終わって立ち寄るお友だちで人数も増えてくると同時に、保護者のママやおじいちゃんおばあちゃんも増えてくる。大人は顔馴染み同士で話し込み、子どもたちも思い思いに遊ぶ光景。 私は次女をベビーカーで連れてきているので、あやしながら公園内をウロウロしたり、時々ママさんたちの輪に入ったりするのだけど、韓国語での会話には限界があるし、話を止めるのも悪いので大体は聞き役。最近は、子供の習い事(主に学習系)や読み書きの進み具合についての話題が多く、あまりこの話を聞きすぎると、自分の娘に対する教育の信念が揺るぎそうになるから、会話に深入りしないよう意識している。

昨日は、公園内の風が建物のせいなのか、常に吹いていて黙っていると寒くて、私はベビーカーの中にいる次女を寝かせるためにも、子どもたちが遊ぶのを見ながら歩き回っていた。
小さな子どもとは違って、近くで転ばないようにサポートしたりする必要はないのだけど、親の目が届かない公園の外に行ってしまうことがあったり(車が行き来する訳ではないが、タバコを吸う大人が多い場所)、子ども同士が絡んでいるので、ケンカをしたり遊具で危ない遊び方をしていないか見守る必要は常にあるから、ママたちとの会話に入りきれない私は手持ち無沙汰もあって、子どもたちを(主に長女の様子)遠目から見るようにしている。長女が絡んだトラブルを未然に防ぎたいと言う理由もあるのだけど…。

公園で遊び始めた時間帯はまだ娘たちしかいなかったのが、時間を追うごとに子どもたちが増えていく。子どもたちのテンションも高くなって、滑り台を逆に登ったり、トンネル型の滑り台の筒の上に登ったりする子もいたり、危ないけどここは見守り。娘がやっていたらやめさせたかもしれないけど。

しばらく遊んでいると、テコンドーから帰ってきた娘のクラスメイトとそのお兄ちゃん(小学生)が公園に入ってきたのが見えた。遠く離れた砂場でお兄ちゃんの方が、幼稚園児である男の子に向かって足で地面を蹴りながら砂をかけている姿が目に入った。ちょっと気になっていたけど、この兄妹の親は来ていないし、砂をかけられている子の親も話し込んでいてもちろん気づいていない。この程度なら、子どもたちの遊びの中ではよくあることだと思うので、気になりつつも、娘は別のところで遊んでいたから遠目から見守る程度にしていた。

しばらくすると、なんと、あのテコンドー帰りの男の子によって、子供の握り拳ぐらいの石が遊具に向かって投げ込まれる瞬間を目にしてしまった。幸いにも子供たちにぶつかることはなかったけれど、割と大きな音が鳴り、この音に気づいた保護者(おばあちゃんたち)もいて、危ないわね〜なんて言っていた。私はそのまま急いで帰ろうとしていたテコンドー少年に駆け寄り声をかけた

今何投げた?
石投げたでしょう??


いいえ、投げてません

石だよ、投げてないの? 

投げてません

投げてないんだね?

はい

分かったよ




え?確かに投げたよね?と心の中で思ったけど、その子の表情を見て、私もちょっとキツく言い過ぎてしまったことにハッとなり、投げてないって言う彼をそれ以上追求しなかった。
その兄妹はそのまま帰って行った。
私に気づいたお友達のママたちが、どうしたのと聞いてきたので説明したものの、私が大袈裟だったのか、知らない子を叱ることがタブーだったのか分からないけれど、あまり共感してもらえなく、私がちょっと浮いてしまった気がした。

その子は、実は前にも同じようなことがあった。同じ公園で遊んでいた時に、同じようにテコンドー帰りに妹を連れてやってきて、今回も私たちと一緒にいたママさんが持ってきていたヤクルトを見て飲みたいと言うからその兄妹にも分けてあげた(韓国では知らない子でもおやつをあげたりもらったりはよくあること)。しばらくすると、そのお兄ちゃんは堂々と空になったヤクルトの容器を公園内の花壇に捨てて、そのまま帰ろうとしているではないか。どういうわけかこの時も私だけ目撃してしまって、ゴミを拾うことなくその場を去ろうとする姿にまた黙っていられれなくなり、

ヤクルトのゴミは花壇に捨てたらだめだよ?

捨ててません

今投げるところ見たよ。ゴミ箱に捨てなきゃダメだよ。

いいえ、捨ててないです

今回の石と同じシチュエーション。

彼が私を覚えていたかは分からないけれど、ゴミを花壇に投げ込む瞬間を間違いなく見たのに、捨ててないと咄嗟に嘘をつく少年にさらにカチンときてしまった。

私に気づいた近くにいた顔見知りのおばあちゃんが、言われた通りに拾いなさいと、その子にやんわりと話してくれ、花壇に戻りゴミ箱に捨てに行った彼(ゴミがどこにあるかわかる時点でやっぱり捨てたんじゃん!って言いたくなったけど我慢)

彼が咄嗟に捨ててないと言ってしまったのは、私がどストレートに彼を問い詰めたからじゃないかと後々反省したのに、今回も同じように問い詰めてしまった。彼だって、確かにゴミや石を投げたとしても、思いもよらないところから急に現れた知らないおばちゃんに、問い質されれば、怖くて嘘をついてしまうのも理解できる。


公共の場でのモラルとか明らかに間違っている事、危険な事は自分の子じゃなくても、お友だちでも注意するし、今回のように知らない子でも自分の子やお友達に危険が及ぶ可能性があれば、親としては黙って見過ごすわけにはいかないが故の行動だった。とはいえ、小学校低学年の男の子相手にちょっとキツく言い過ぎてしまったと、帰宅してから猛省。夫にもこの出来事を話すも、私は間違ってないと言ってくれたのに、気にし過ぎて頭から離れない。挙句に、確かに石を投げたのを見たのに、その目撃したことすら私の勘違いだったんじゃないかと自分を疑い始め、だったとしたら、彼は相当傷ついたんじゃないかと心配になってきた。


注意するなら、もう少し優しく、目立たないようにすべきだった。

石は投げたら危ないよねー? と言った感じで、彼を犯人だって決めつけずに、優しく言えばよかったかな。

きっと、投げてないって咄嗟に言ってしまった彼も、2度と同じことはしないはず。

私もまた同じようなことがあったら、冷静になって優しく言えるように気をつけよう。

それもこれも、親として娘やお友だちの安全が第一というのが頭にあるから。
 


外国人でさらに韓国語が微妙という点からも、適切に対処できなかったり、伝えられないかもしれないという不安から、トラブルが起きないよに先手を取ってしまいがち。娘を理由にしてるけど、結局は保身のためになってるなんて情け無い。

今回は娘は絡んでいないけれど、子ども同士で解決させるべきか、親が声をかけるべきか迷うシチュエーションが増えてきたこの頃。

子育ての新たなステージに突入したということなのだろうか。





テコンドー服姿のあの彼が、昨日はちゃんとご飯を食べて、ぐっすり眠れていますように。






砂場で1人遊ぶ娘。
おともだちと連むのを好むようになってくる年頃ではあるけど、娘は一人でも気にしないタイプ。誰とでも遊ぶし、1人も楽しめる、天真爛漫な5歳児。
昨日のこと。_e0401177_05092101.jpg




# by sarahnok23 | 2021-02-20 03:30 | ★韓国でのママ友付き合い★ | Comments(0)